借地権の問題は複雑です

不動産には様々な法律が絡んでいる場合が多いですが、土地を借りて家を建てる場合は様々なことが法律で決められていて、その法律を元にして土地を貸す側と家を建てる側のバランスをうまく保っているのです。
お互いのバランスをうまく保ってくれる法律の1つに借地権という権利があります。
この権利はどのような権利かというと、土地を買取るのではなくて、その土地を借りて、借りた土地に自分が所有する建物を建てても良いですよ、という権利を借地権と言います。


自分の家は自分のものだけど、土地は他人のものになるので、とっても面倒な話になってくるのも頷けます。
定期的に土地代を支払わないといけませんし、建物賃貸借契約だったり借地借家法などの難しい問題も絡んできて、地主と家主に様々な制約が発生してしまう問題もあります。
現在では2種類の借地権があり、旧法と新法が混在している現状になります。
旧法の場合は土地を借りている人に対してその立場を守る意味合いがとても強かったので、様々なトラブルや問題が発生していました。


その問題を解決するために新法を改正しましたが、今でも昔の借地権での契約が多く問題もなかなか解決しないのが現状です。
その土地と借りた側の様々な考え方や意見の食い違いでその土地や建物の評価も異なってしまう問題やトラブルも発生しているので、今後どのようにお互いが負担を抱えないで生活をしていけばよいかをしっかり考えなければいけません。


[PICK UP]
借地権の問題について色んなことを相談出来る専門のサイトです・・・借地権 相談